散歩 日々

2016/07/23  もしも犬の世話ができなくなったら?①

お久しぶりです。

3ヶ月ぶりの更新です。

 

この約4ヶ月、私が入退院と外出禁止の自宅安静を繰り返し

桃子の世話ができないーーーっ!!!

…という

ピンチが突然我が家にやってまいりました。

 

春の時から季節も最高で、桃子との散歩も嬉しくて楽しくて

ちょっとだけなら…昼間の散歩だけならと欲張ると

ハイ、緊急入院~~~自宅安静~~~・・・なんて事になり

MIYAMAさんパックウォークも泣く泣くキャンセル
(しばらくステイやな!ってミヤマさんにコマンド入れられたw)

MASUMIさんの2日間セミナーも超悶絶しながらキャンセル
(納得できなくてキャンセルメールの送信ボタン押すのに1時間かかったw)

 

昼間の散歩どーーじよーーーっ!

せっかく整ってきた

桃子のバランスがぁぁぁぁぁぁぁぁあああああぁぁーー!

 

・・・なんて、仕事も散歩も自由も予定も思い通りにならないストレスマックス!

 

1週間や2週間ならなんて事ない。

「夜の散歩だけで我慢しとき~~~」って笑ってられる。

でも下手すりゃ4月~来年まで・・・

相方は毎月2泊3日の出張が必ずあるので

ペットホテル…お散歩代行が必須。

 

しかぁぁぁーーーーーし

タフラブの皆様なら深くうなづいてくれると思うんですが

 

よくわからんペットホテルになんぞ預けたくない!

車に突進する桃子の散歩をタフラブ以外の人に頼めない!

鼻泣きしても桃子の安定の為にちゃんとダメなもんはダメって

コレクションいれてくれる人じゃなきゃいやぁぁぁあああ!

 

自分の体の事よりコレが一番切実だった(笑)

 

人によっては「たかだか犬」だけど

その「たかだか犬」で本気で悩んで泣いたりしたし、本気で諦めないで考えたし

その結果少しずつの変化が嬉しくて楽しくてやっぱり泣いたし

うまく言えないけど、

私の精神が穏やかで居れる条件の一つに

「桃子の安定」っていうパーツが確実にあるんですよね。

 

・・・で、基本的に相方に頑張ってもらうしかない。

 

私がいれば週4~5日間/昼散歩→6~10時間留守番→夜散歩
週3~2日間は山散歩や車同行でしっかり頭と体を使えるリフレッシュ日があるけど

私が動けないとなると

週6日間/7時~22時の15時間留守番必須。

激務の相方はご飯食べたら床で寝ちゃうほど疲れ切ってるので

毎晩の散歩だけで限界。

しかし15時間の留守番をピチピチ桃子がこなすには夜だけの散歩じゃ無理。

 

自宅安静ならトレミルでオッケー。

でも入院になったら?

入院の最中に相方が出張になったら?

ここは割り切ってペットホテル・お散歩代行を

私達も桃子も乗り越えるしかないか・・・

 

なんてグダグダ悶々と思っていたら

 

IMG_6963

こちらの方々が登場。

ロキラボのあこさんオコウ&与作のうみこさん

タフラブ仲間では近場(って言っても車下道1時間)でロキラボとは病院も一緒。

 

このお二方が押しかけてくれた。

大丈夫、なんとか乗り切る、桃子に割り切らせるって言ったのに

・・・押しかけてくれた。

「やれるときにしかやれないしやらないから!」って

「こっちはこっちで楽しんでるんだから!」って

私の遠慮とかウジウジした部分を押しのけてやってきてくれた。

 

車で約1時間近くかかるのに

桃子のバランスを私と同じレベルで一緒に考えてくれて

桃子ごときに申し訳ないって気持ちと、本当に有り難いって気持ちでオロオロしてる私を

なんか明るくケロンと笑ってくれて

IMG_6915

さすがオコウ飼い主w 桃子なんてチョロイw

 

IMG_6972

 散歩いって満足な桃子

 

あこさんは激ウマのお昼ごはん&デザートまで持って週何回も来てくれて

ほんとーーーーーーーーぉぉぉに

ほんとぉぉぉぉぉぉぉぉぉに

ありがたくて仕方なかった。

人に何かして貰うのが凄く苦手だけど

今回ばかりは本当に本当に有り難かった。

 

 

改めて痛感した事。

タフラブに足を突っ込んだら

タフラブにしか任せられない!

だからこそ横の繋がりのなんと有り難い事か。

パックウォークでのハンドラーチェンジの意味。

飼い主同士の交流や自主練やお宅訪問。

自分の犬を知ってもらう事、他の犬を知る事。

犬と自分だけで基本は繋がればいいのかもしれないけど

もっとぐるっと広く見渡していると、

何かあった時に自分の犬のバランスを守ってやれるんだなーって。

私が他の犬をもしかしたら守れるかもしれないんだなーって。

それが出来る「広い層こそタフラブ」なんじゃないかなーと。

「大切にしたいものが同じ」(←犬のバランス)

それがどんなに心強いか。

 

 

相方はというと

犬ごときで他人にそこまでしてもらうって事に純粋に驚いてて

「なんでそこまでしてくれるの?」連発

私達の為じゃなくて桃子の為にしてくれるんだよって話したら

「桃子の散歩の重要度」を初めて理解したって感じだったのかもしれない。

 

 

お風呂にさえ入れず床の上で寝ちゃう激務の彼。

「夜だって毎日散歩は無理なのに朝なんて無理だよ」

・・・と言っていた彼。

朝は1分でも長く寝ていたい低血圧の人が

お二方によい刺激を受けて5月から1時間~30分早起きをして朝散歩スタート。

IMG_7219

 

IMG_7107

 

今まで私も桃子も爆睡で朝7時になんて起きなかったのに

すっかり彼と共にベットを飛び出す桃子に変身。

 

あこさんとうみこさんに助けて貰いながら

彼の朝晩散歩の習慣づけも同時進行し

起きたら当たり前のように朝散歩

帰ってきたら当たり前のように夜散歩

雨が降って散歩に行けないと「夜は晴れるといいけど・・・」って。

 

今まで協力的ではあったけど、あくまでメインは私。

それがちゃんと彼がメインになってくれて

 

昼間の散歩どーーじよーーーっ!

せっかく整ってきた

桃子のバランスがぁぁぁぁぁぁぁぁあああああぁぁーー!

 

っていう問題が

 

おい、桃子さんよ

ここまでして貰ってるんだからグレるんじゃねーぞw

って所までクリアーした我が家。

 

この「気持ち」が一番大切なんだよな。。。

 

って事で

「もしも犬の世話ができなくなったら?②」に続きます!

 

 

あこさん、うみこさん改めてありがとうございました!

・・・ってまだまだお世話になるけど・・・(;´Д`人“




Share on Facebook
LINEで送る

ameba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※予約投稿での更新をしていたり性格上生活上の理由によりコメントへの返信が1ケ月以上遅れる事が度々あります。何卒気長にご了承ください。

Powered by: Wordpress